ヨシリパさんとホームページを作ろう!

2021.06.01

SSLって何?

SSLは、インターネット上のWEBサーバとブラウザ間での情報通信データを暗号化することです。

インターネットショッピングをする際、個人情報やカード情報を記入する必要がありますが、このSSLを導入していないWEBサイトでショッピングを行った場合、これらの情報は悪意のある第三者から簡単に盗聴、盗み見をされる可能性があります。さらに盗聴や盗み見された結果、情報漏洩や情報の改ざんに繋がることもあります。


特に気密性のある情報を扱うWEBサイトでは常に悪意のある第三者から狙われてるため、SSL化させる必要があります。

SSLは、これらのリスクから情報を守るとともに、送信された情報が改ざんされていないことを証明することができます。
以前はログインフォームや個人情報入力ページのみSSL化させる企業も多くありましたが、現在ではすべてのページをSSL化することが推奨されています。

Googleでは、2018年にリリースされたGoogleChrome68からSSL化されていない「http://」で始まるすべてのWEBサイトを閲覧した際、アドレスバーに【保護されていない通信】と警告が表示されるようになりました。

そのため、WEBサイトの全ページをSSL化する「常時SSL化」を導入する企業も増えてきています。

スクリーンショット 2021-06-14 153156

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«6月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

フィード

ブログ内検索